ルームエアコンの100vと200vの違いを分かった上でエアコンを取り付ける

エアコンの差は部屋の広さやメーカーや冷暖房以外の性能の差を比べて選ぶかと思います。いざ家電量販店やインターネットなどで商品を見比べてみると、同じメーカーでほぼ似た性能のなのに100vと200vを選ばなければならない商品があったりします。料金的に200vの方が1万円程高く販売されているので少しでも予算を抑えたい人は100vを選びがちです。根本的な違いが分かれば、自分の好みで納得した上で上手に買い物ができます。
ルームエアコンは電気を消費して動きます。その電気は電圧と電流が関係します。どのくらいの力で電気を流すかという事になります。同じ電流で電圧が高いと電気の流れは早く、冷房機能を使うのであれば早く部屋の温度が下がります。逆に電圧が低いと電気の流れはゆっくりな為、少しずつ部屋の温度が下がります。暖房機能も同様に、電圧が高いと早く部屋が暖まり、電圧が低いとゆっくり部屋が暖まります。
早く設定温度になるという事は、設定温度までに100パーセントの電力を使いますが、設定温度になると電力はその温度を保とうとするだけなので、最小限の電力だけで動作します。
電圧が低いと設定温度に達するまでに100パーセントの電力をゆっくりと使って設定温度にするので、100パーセントの電力時間が長いです。なのでその分電気代がかかります。
電気代を考えれば電圧が高い方がお得ですが、急激な温度変化を嫌う体質な方であれば、あえて電圧の低い方を選んで体の負担を少なくしてじわりじわりと温度変化を感じる方がいいです。店舗などにエアコンを取り付ける場合、新品では高いからと中古を選ぶ人は少なくありません。しかし、業務用エアコンの中古を選ぶ際にはいくつかの注意点があります。
第一に、家庭用のエアコンに比べ業務用エアコンはその稼働率が非常に高いため、比較的新しくても内部の破損や浸食などが思いのほか進んでいる場合が有るので注意したいものです。

オススメサイト/貯蓄/アフィリエイト相互リンク/JALカード/クレジットカードの即日発行じゃけん/お家の見直ししま専科/健康マニアによる無病ライフ/心の童話/童話/オーディオ/ショッピングカート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Just another WordPress site