エアコンを選定する上で必須となる業務用エアコンの年間消費電力の目安は3,500kw

エアコンは人々の快適な生活の中でも欠かすことが出来ない存在ですが、そのエアコンのタイプとしては家庭用エアコンと業務用エアコンの二つが存在します。家庭用エアコンと業務用エアコンの違いは馬力による違いがあり、一般的には4.0kw~が業務用エアコンと言われています。
また使用頻度が一年中24時間と言う具合に頻度が多い場合は、業務用エアコンの方が電気代の観点からも有利とされています。実際に一年間、エアコンを使用し続けた場合の消費電力量は機種により違いが生じますが、大体の目安としては約3,500kwとなります。
ただ業務用エアコンにおいては、電源の方式として単相200Vと三相200Vのエアコンの二つがありますが、共に消費電力の約3,500kwは変わらないです。それでも単相200Vと三相200Vのエアコンとでは、電気代に大きな違いが生じる結果となります。
実際には単相200Vは家庭では別途工事を必要とせずに取り付けることが可能ですが、三相200Vの場合は別途工事が必要となり、若干工事を行う分だけ面倒です。ちなみに単相200Vの場合であれば、家庭用電気代とほとんど変わらない特徴を持っています。
そのため、業務用エアコンを使えば使うほどお得なのは三相200Vの方で、これは基本料金自体は高いですが消費電力の量によっては割安になる方式となります。従って、一般的に一年中24時間の利用を想定する場合には、三相200Vを選択することが多くなります。

Just another WordPress site