家庭用エアコンの設置のためのエアコン標準工事の価格の相場について

一般的に普及している家庭用エアコンは、その仕組みとしては室内機と室外機に分類されますが、それを冷媒ガスを循環させる配管と電源ケーブルとで繋げる必要があります。エアコンの標準工事には、こうした配管と電源ケーブルを繋げる一般的な工事が含まれており、しかも配管やケーブルの長さの範囲も決められています。
標準工事の内容は、エアコン業者によって若干、違いは存在しますが、配管パイプや電源ケーブルの使用が4mまでであり、プラロックによる大地置きが原則となります。当然、4mを超えてしまうと別途、延長料金が加算される仕組みとなります。
また他には特殊な壁などに穴あけなどの処理を行う必要があるかどうかによって、別途料金が発生します。それとエアコン自体の冷房能力による差があり、例えば3.6kw以下と3.7kw以上とに料金の違いが生じるのが一般的です。
家電量販店における標準工事の価格は主に横並びとなっており、大体3.6kw以下で9800円前後、3.7kw以上で14,500円前後が一つの目安になります。ちなみに窓用のエアコンの場合には、そういった配管の工事自体を行う必要はありませんが、窓枠に固定する必要な作業が存在し、その価格は7,000円前後となります。
家電量販店によっては、キャンペーンの一環として家庭用エアコンの機種によっては、標準工事を無料とするケースもあります。その場合、工事代金自体がエアコン購入費の中に含んでいる状態となっており、エアコン購入費も割高になることも多いです。

Just another WordPress site