高性能エアコン「業務用エアコン」の消費電力(kw)

kw(1000w)とは消費電力の事です。エアコンで電力を使用する場合には、当然に電力が消費されます。この消費された電力の事を消費電力と言います。家庭用エアコンと違って業務用エアコンは業務で使用するという事から性能が良く消費される電力が高いです。家庭用の場合には、その性能は主に畳数で表せられますが、業務用の場合には、馬力(場合によっては坪数)でその性能が表せられます(8畳で0.9馬力相当です)。業務用の場合の消費電力は以下の通りです。4.0kw 1.5馬力 ・.5kw 1.8馬力 ・5.0kw 2馬力 ・5.6kw 2.3馬力 ・6.3kw 2.5馬力 ・8.0kw 3馬力 ・11.2kw 4馬力 ・14.0kw 5馬力 ・16.0kw 6馬力 ・22.4kw 8馬力 ・28.0kw 10馬力 ・56.0kw 20馬力 です。電気料金はこの、消費電力によって決まります。多く電力を使用すればそれだけ多くの料金が請求されます。消費電力であるkwに時間hを×と消費電力量kwhになります。このkwにおいて電力会社から請求される料金は契約によってバラバラです。業務用エアコンの場合には、単相200Vと3相200V等がありますが、単相の場合には1kwh25円目安で、3相の場合には1kwh17円が目安です。単相の方が基本料金が安いです。業務用エアコンでもあまり使用しない場合には単相(単相契約)の方が良いです。事務所・ホテル・店舗・レストラン・喫茶店等で良く使う場合には3相(低圧契約)の方が良いです。

Just another WordPress site